どんなブランドの草間 彌生 ヴィトン 財布いい louisvuittonルイヴィトンモノグラムパンプキンドットヤヨイクサマジッピーウォレットブルーm60448,草間 彌生 ヴィトン 財布一番お得な 草間 彌生 ヴィトン 財布規格品のコーナー


2015-02-11 04:37    草間 彌生 ヴィトン 財布
第一章 死刑執行に立ち会うのは誰か 廃止は時間の問題  刑務官の服務規定に、「死刑の執行をする」という項目はない。    死刑制度はいずれ遠からず廃絶される、といわれるようになってから久しい。  遠からずとはいったいいつ、どの程度の歳月をいうものなのか。丸山友岐子氏の『逆恨みの人生』は死刑囚孫斗八の熾《し》烈《れつ》な獄中闘争を描いたノンフィクションである。顔見知りの洋服商夫妻を殴殺し、商品や現金を奪った罪で死刑の確定した孫が、死刑囚となってからつぎつぎと国家を相手に行政訴訟を起こし、命が果つるまで闘争しつづけた真実の記録だ。  数多《 あ ま た》の裁判のうち、「文書図画閲読禁止処分に対する不服事件」で勝訴となった孫に言い渡された判決理由のなかで、裁判官は、死刑は遠からず廃止されるであろうと述べている。 「……死刑囚の心理や気持ちについて書かれたものは少なくない。だがもっともたしかなことは、死刑囚の本当の気持ちは死刑を言い渡され、決定的な瞬間まで拘禁され、そして刑場に消えていった本人が知っているだけだということではあるまいか。原告もその死刑囚の一人である。わが国は若干の文化国家におけると同様に刑罰としての死刑を是認しているが、死刑制度はこれを存立する合理的理由に乏しく、死刑の廃止はもはや日時の問題だと思われる。原告は少しばかり早く生まれ、少しばかり早く犯したがゆえに、その刑罰を背負わされたということができよう。……」  孫斗八が死刑の執行を受けたのは、昭和三十八年(一九六三)七月十七日のことだ。この裁判はそれ以前のものなのだから、四半世紀になんなんとする時間が経っている。けれども、いっこうに死刑が廃止されそうな気配はないように思える。日時の問題とか、遠からずというのは、いったいどれぐらいの時の経過をいうのだろうか。  この裁判官が言っているように、死刑囚の心理や気持ちについて書かれたものは少なくない。「死刑が廃止されるのは日時の問題だと思われる」という見解は、死刑囚全員が、その家族が、多くの死刑廃止論者が、大いに期待を持って注目しただろう。死刑囚やその家族、関係者なら当然のことだといえばたしかにそのとおりである。だが、じつは一般の人にはあるいは思いがけないかもしれないが、死刑囚と同じように期待し、希望を持ったのは刑務官たちであった。  死刑囚について書かれたものは数多い。遺書も多く活字になっているし、手紙、日記などもかなりのものがある。けれども、刑務官、とりわけ死刑囚舎房担当および死刑を執行する刑務官について、本当のことが書かれたものは、ほとんどといっていいくらいないのではないだろうか。  冒頭にも言ったように、刑務官の服務規定には、「死刑の執行をする」という項目はない。けれども、刑務官研修所を出て、刑場付設の拘置所あるいは刑務所に採用された刑務官は、死刑囚舎房担当、あるいは死刑の執行官の役が割り当てられるという不運にあう。  刑場付設の拘置所、刑務所は全国に七カ所ある。東京、名古屋、大阪、広島、福岡の拘置所、仙台、札幌の刑務所である。  法務省矯正局は、刑務官の仕事は刑務所に送られて来た受刑者を教化して社会へ復帰させることだという。