激安ルイヴィトンモノグラムデニムジッピーウォレット ルイヴィトンマルチカラー長財布,ルイヴィトンモノグラムデニムジッピーウォレット新型価格 ルイヴィトンモノグラムデニムジッピーウォレット規格品代購


2015-02-11 04:17    ルイヴィトンモノグラムデニムジッピーウォレット
「シハナは、やることにためらいがない。邪魔になると思ったら、たとえ親でも、敵にまわす。」  その言葉の奥にひそんでいる痛みを感じとって、タンダは、つぶやいた。 「でも、あなたを捕らえてからのあつかいには、ためらいがあったと思いますよ。」  スファルは、まばたきをした。 「……あなどっているだけだろう。わたしには、わが子を傷つけるようなことはできまいと。」  スファルは目をそらし、串に肉をさしてあぶりはじめた。 (たしかに、スファルには、できないかもしれない。)  タンダは心のなかで思った。いまは、スファルとともに、こうしてすごしているが、いつか、スファルと袂《たもと》を分《わ》かつときがくるかもしれない。  スファルが、シハナのためにうごくなら、自分も、バルサとアスラたちのために、うごく。そのときは、スファルと敵対することをためらってはいけない、と、タンダは自分にいいきかせた。 (バルサ……。)  煙がすいこまれていく、雪がふりしきる暗い空をみあげて、タンダは思った。 (おまえ、いま、どこでこの空をみている?) 「飯を食ったら、はやめに寝よう。あと三日もあれば、ジタン城塞につく。ここからは、シハナのめぐらした網の目は、どんどん密になるだろう。つかれをとって、そなえねばな。」  スファルの言葉に、タンダはうなずいた。  ロタの冬の夜は、すさまじい冷えこみで、毛皮にくるまっても冷気がしみとおってくる。  うとうとと眠りにおちたタンダは、バルサの夢をみた。  いまのバルサではなく、まだ十二歳くらいの、やせっぽちの少女だったころのバルサが、岩屋の入り口に立っているのだった。全身びしょぬれで、あおざめた顔をして、がたがたふるえている。歯が、カチカチと鳴っている。  タンダは、あわてて立ちあがり、バルサをひきよせた。いっしょうけんめい抱きしめて、あたためようとした。だが、腕のなかのバルサは、氷のように冷たくて……煙のように消えてしまった。