ルイヴィトンタイガブリーフケースですか_ルイヴィトンロブスト2 モールルイヴィトンタイガブリーフケース旗艦店 ルイヴィトンタイガブリーフケース価格/写真/評価/どう/いくら


2015-02-07 15:56    ルイヴィトンタイガブリーフケース
 と私は、立会官に尋ねた。 「昨夜、何者かに襲われたらしいのですが、はっきりした状況は目下捜査中であります」  との返事であった。  凶器の推定は、事件の解決上きわめて重要である。ましてや凶器発見の有無は、証拠裁判上不可欠のものである。  だから犯行後、凶器を山に捨てたといえば山を、川に捨てたといえば川を、大勢の警官が探しているテレビ報道をみることがある。  凶器は何んだろう。  検死のあとで、警察官からきっと質問されるに違いない。わからない、では法医学者として恥かしい。だからといって、でたらめをいうわけにもいかない。  少年のころ読んだ江戸川乱歩の推理小説に、犯人が高い所から頭めがけて氷塊を落として殺し、死体が発見されたときは、凶器は溶けてなくなっていた。  難解な凶器なき殺人事件を、見事に解決していく名探偵を思い出す。  しかし、現実はそうはいかない。  この事件は、私にとって難解であった。  わからない。  気ばかり、あせっていた。  待てよ。一個の打撲傷と刺創、切創が沢山ある。  もしかすると、犯人は一人ではなく複数なのかも知れない。凶器も複数。  それならば、ばらばらな外傷ができても不思議はない。  そう思ったとき、少し気が楽になってきた。  落着きを取り戻して検死をはじめた。