ヴィトン財布モノグラムマルチカラーリボン
null
null 「…すみません、どうも寝ぼけているみたいです。なんか外から鍵を掛けたとか聞こえたんですが」 「はい、それであっています。きちんとそう言いましたから。うふふ、実はこのトビラは中から開けられないような鍵がついている特注品なんですよ」 「って、そーゆー無茶なことを、可愛く言わんといて下さい! いったいどういう了見なんです!?」 「ほら、だって今日は大事なコンテストの日じゃないですか」  それは百も承知だ。  だからこそ、俺はこっそりと抜け出そうとしていたワケだからな。 「もし審査員の志貴さんが、外出中に何か万一のことがあったら、コンテストが開催できなくなるじゃありませんか」 「万一ってそんな大げさな…」 「そうですか? 例えば行方不明とか」  ドキッ。 「例えば音信不通とか」  ドキドキッ。