louis vuittonルイヴィトンタイガポルトフォイユブラザ長財布グラシエm32653どのブランドの良い ルイヴィトンエピキーポル55,オンラインショッピングをlouis vuittonルイヴィトンタイガポルトフォイユブラザ長財布グラシエm32653,louis vuittonルイヴィトンタイガポルトフォイユブラザ長財布グラシエm32653の十大ブランド


2015-02-07 15:43    louis vuittonルイヴィトンタイガポルトフォイユブラザ長財布グラシエm32653
 窓から射《さ》しこんでいる月の光で、床《ゆか》に倒《たお》れている男の姿が見えた。後ろ手に縛《しば》られ、うつ伏《ぶ》せに倒れている。  厩《うまや》に足を踏《ふ》み入れざま、イアルは、いきなり大きく右手をふった。  戸の脇《わき》に潜《ひそ》んでいた男が、絶叫《ぜっきょう》した。  男の血を背に浴《あ》びながら、イアルはがっくりと床《ゆか》に膝《ひざ》をつき、左から襲《おそ》いかかってきた男の剣《けん》を避《よ》けた。その姿勢《しせい》のままイアルは短剣《たんけん》を水平にふりぬき、男の腿《もも》を切り裂《さ》いた。  わめきながら、男は、いったんふりおろした剣を、すくいあげるようにふった。  目の前に剣《けん》が迫《せま》ってくるのを見ながら、避《よ》けることができなかった。わずかに頭を反《そ》らした、その瞬間《しゅんかん》、鎖骨《さこつ》から肩《かた》にかけて刃先《はさき》がくいこみ、カツン、と、刃が鎖骨にあたった硬《かた》い衝撃《しょうげき》が、全身に響《ひび》いた。そのあとを追って、焼けつくような痛《いた》みが走った。  片膝《かたひざ》立ちのまま、前に倒《たお》れこむようにして、イアルは男の腹に短剣を突《つ》き立《た》てた。  衣《ころも》を突《つ》き通し、肉に深く刃が刺《さ》さったいやな手応《てごた》えがあって、今度は、男は声もたてずに剣を落とし、短剣を持ったイアルの腕《うで》を両手でつかみながら、倒れた。  男にひきずられて倒れ、イアルは、しばし、痙攣《けいれん》している男の血と裂《さ》かれた腸《はらわた》の臭《にお》いを嗅《か》ぎながら、目を閉じていた。  男が静かになったとき、イアルは目をあけた。  浅く息をつきながら、男の腹から短剣《たんけん》を引きぬき、イアルは、床《ゆか》に倒《たお》れている部下のところへ、這《は》いずるようにして近づいていった。  部下は生きていた。腫《は》れふさがった目を薄《うす》くあけて、切れた唇《くちびる》から細い声を出した。 「………申《もう》しわけ、ございません」  イアルは、せわしない呼吸をくり返しながら、血でねばつく短剣をこすりつけるようにして、部下の縄《なわ》を切った。 「すまなかった……」  つぶやいて、イアルは身体《からだ》で押《お》して、部下を仰向《あおむ》けにしてやった。 「一人で、起《お》きられるか」  部下はうなずき、腹を押さえながら起きあがった。

最新情報

ランキング