草間彌生ヴィトン財布メーカー_草間彌生ビトン,草間彌生ヴィトン財布どちらが良い_オンライン草間彌生ヴィトン財布専門はどうですか


2015-02-07 15:40    草間彌生ヴィトン財布
 一面に、文字通り透明感のある水色が広がっている。夏の陽《ひ》が、そのあちらこちらではじけている。  水を見るのは、気持ちのいいものだ。 「——ドナルドダックの描かれたビニールプールを引っ張り出して来て、狭い庭で一所懸命ふくらませたり、——前の日の風呂《ふろ》を抜かないでおいたりして、ばちゃばちゃ水遊びするのとはわけが違う」 「何です?」 「いや、子供の頃のことを思い出したんです」  千秋さんは、にこりとした。 「岡部さんにも、子供の頃があったんですね」 「そりゃあそうです」 「あのお兄様と御一緒に、ドナルドダックのプールで水を掛け合ったんですか」 「そうです」顔を近づける。「おかしいですか」 「すみません」  悪戯《いたずら》っぽく謝りながらも、千秋さんは先に立ってプールの縁を歩きだしてしまう。肩が小さく揺れている。 「まだ、笑っていますね」 「いいえ」  千秋さんは嘘《うそ》つきだ。  一周した後、入り口近くのベンチに腰を下ろした。上には日よけが出ている。 「昨日は、お兄様、びっくりなさったでしょうね。とんでもない娘が、いきなり現れたんですもの」 「いや、暴漢をやっつけてくれたんですから、警視総監賞をあげてもいいくらいだと——」