louis vuittonルイヴィトンジッピーウォレットよく売れる,ルイヴィトンalma|louis vuittonルイヴィトンジッピーウォレット実体の店,何かlouis vuittonルイヴィトンジッピーウォレットいい


2015-02-07 15:33    louis vuittonルイヴィトンジッピーウォレット
「口に気をつけろといっただろうが。――そんな噂をたれながしてやがるのは、どこのどいつだ。」  バルサは、用心棒《ようじんぼう》たちに腕《うで》をつかまれたまま、こたえた。 「知りたいのは、それさ。」 「なんだと?」 「わたしが知りたいのは、オルシが買いとったという、タルファ〈紅炎石《こうえんせき》〉の頭帯飾《ずたいかざ》りをもちこんだ、サンガル人の名前さ。」  とたんに、部屋《へや》の空気がこわばり、重い沈黙《ちんもく》がひろがった。  やがて、小男がつぶやいた。 「……これは、なんだ…… え?」  これまでの、みくだしている色が消《き》えて、警戒《けいかい》の色が小男の目にうかんでいた。 「なんで、ヨゴ人やカンバル人が、あの宝石《ほうせき》のことをさぐってやがる。」  どきりとして、バルサは小男をみつめた。 「ヨゴ人? さっきの男もタルファ〈紅炎石《こうえんせき》〉のことを、あんたにききにきたのかい?」  小男が、両手《りょうて》で机《つくえ》をたたいた。 「きいているのは、おれのほうだ! このくそ生意気《なまいき》なアマ。てめぇ、すこし痛《いた》い目にあわせてやろうか! そうすりゃ、おれのきいたことにすなおにこたえるだろうからよ。」  両側《りょうがわ》から腕《うで》をつかんでいる男たちの手に力がはいった。男たちがバルサをおさえつけて、ひざまずかせようとした瞬間《しゅんかん》、バルサは、のびあがるようにして男たちの力にあらがい、つぎの瞬間、すっと自分から身体《からだ》をしずめた。  とたん、男たちの身体がうきあがり、もんどりをうって、にぶい音をたてて床《ゆか》に激突《げきとつ》した。受身《うけみ》をとるすきをあたえない、するどく低い投《な》げだった。  男たちが床《ゆか》にたたきつけられたときには、バルサはもう、床をけってはねあがり、わずか三歩で机《つくえ》までちかづくと、四歩めで机にとびのった。小男の頭上《ずじょう》を一|回転《かいてん》してとびこえると、うしろから、小男の首と頭をかかえるようにおさえこみ、机をけりとばした。  はでな音をたてて、机が床にたおれ、小男がいじっていた短刀《たんとう》が、にぶい音をたてて敷物《しきもの》の上ではねた。